プロフィール−掛布プロフィール

住み続けたい江南に(かけのまち子)

かけのまち子

かけのまち子のお約束

買い物や通院に便利なバスの実現

  高齢者が、気軽に買い物にも通院にも出かけられる安くて便利なバスを走らせます。
いこまいCARの大幅値上げで市内の交通格差が拡大しています。いこまいCARのあり方を見直し、交通不便地域の解消をめざします。

安心できる介護・医療に

安倍政権による医療・介護保険の改悪で自治体の役割が問われています。安心できる介護体制を整え、高くて払えない国民健康保険税を、減免制度の拡充などで引き下げます。

平和都市・江南に

  江南市は「国際平和都市宣言」のまち。しかし市長や議員の一部に、宣言に反する言動が目立ちます。
自衛隊の写真に半分が置き換わった「原爆写真展」、平和憲法を敵視する女性評論家が、市主催の講演会の講師とは・・・。戦争する国を狙う危険な安倍政権に、追随する市政はNO!です。

ムダ使いストップ、名鉄に負担を

木曽川沿いの広大な緑地公園の隣に、これ以上の遊歩道、せせらぎ水路は不要です。宮田導水路上部整備事業を中止します。布袋駅周辺の開発計画はムダを徹底的に廃し、名鉄に応分の負担を求めます。

中学校卒業まで医療費を窓口無料に

市議会は4000筆余の願いがこめられた請願を否決。市は1割負担で中学卒業まで拡大する方針を示しました。大きな前進ですが、県下大半の自治体のように完全無料でこそ安心して通院できるのではないでしょうか。

学童保育の拡充、子育てを応援

  増えない給料、高い保育料など子育て世代の家計がピンチです。大幅に不足している学童保育施設の増設と小学6年生までの拡大、子どもの国民健康保険税の減免、小中学校の保護者負担の軽減などで、子育て世代を応援します。

図書館の新設・充実を

  現在の図書館は狭くて段差も多く、ゆっくり過ごせるスペースもありません。図書館は市の文化や情報発信の中心です。まちづくりの核となる新しい図書館を、市民参加でつくりましょう。

安倍暴走政治にストップ!

消費税の増税はダメ
消費税が上がって暮らしも営業も大変!
「社会保障のため」は真っ赤なウソでした。大企業と大型公共事業へのバラマキが目的です。消費税10%などとんでもありません。

  ストップ「戦争する国」づくり
安倍首相は秘密保護法に続き集団的自衛権の行使容認を閣議決定しました。日本共産党は、平和憲法9条を守り抜きます。

原発ゼロ・自然エネルギーの普及を
原発再稼働などとんでもない!原発を止め、太陽光や小水力、風力などの自然エネルギーの普及で新たな仕事をおこします。

みなさんと力を合わせて取り組んだ
かけのまち子の議員活動

  浸水防止対策
地元の方々と力を合わせて取り組み、浸水被害が増す原因となってきた民間工場からの廃水や雨水の排出ルートを変更する目途がつきました。引き続き市内各地の被害軽減に全力をつくします。

要介護者に障害者控除の証明
所得税や住民税を大幅に減額できる障害者控除対象者認定書が、市から郵送で届くよう改善できました。わざわざ申請する必要がなくなりました。

  公民館などの有料化、値上げをストップ
2012年に幅広いみなさんとの共同で値上げ計画を撤回させることができました。
公民館や学供、パークゴルフ場などは無料または低料金でこそ、健康づくりや趣味の活動を存分に楽しめます。市は値上げ計画を蒸し返そうとしていますが、これを許しません。

住宅リフォーム助成の実現
前回の市議選で公約し実現。3年間に市内で414件、5億1660万円のリフォーム工事が行われ、約13倍の経済波及効果が認められました。ところが市は3年で打ち切ってしまいました。消費税増税で地域経済は大打撃を受けています。今こそ住宅リフォーム助成制度を復活させる時です。

ごみ問題の解決に奔走
2市2町新ごみ処理施設が暗礁に乗り上げています。江南市長の上からの押し付けとスジの通らない手法が、扶桑町の地元住民などの強い反発を招いたためです。
かけのまち子は一貫して、「ごみ減量を正面に据え、民主的に候補地選定をやり直す」「徹底したごみ減量で施設規模を縮小し、財政負担を軽減し環境を守る」よう求めてきました。地域の方々や専門家と協力して、施設見学や学習会、申し入れ、ごみ減量施策の積極的提案を行ってきました。  

▲ このページの先頭にもどる